株式会社ミヤコ

加古川・神戸の時計ミヤコ。確かな商品・サービスをご提供します。
メニュー

ドイツ 特殊時計 SINN

誰もいけないような環境でも動くような時計を作ろうとする、オーバースペックのところが凄い

ジンの歴史

ジンの正式名は、ドイツ語で「ジン スペツィアルウーレン」 —— 日本語では「ジン特殊時計会社」という意味です。

1961年、ドイツ軍パイロットで飛行教官でもあったヘルムート・ジンが、自らの名前をブランドに冠し、フランクフルトでパイロット用の時計を作り始めたことからジンの歴史は始まります。

『低コストにて最高の時計作り』
『高品質で最高の機能性と視認性を搭載』
『広範囲な広告に頼ることないダイレクト・マーケティングで価値あるものを提供する』
上記3つの原則をもとにしており、航空機器に近い作りの高機能な時計は、当時のパイロットたちに広く使用されていました。

ジンの腕時計が宇宙に

1985年10月30日、西ドイツ航空宇宙局が中心となったスペースラブD1を搭載したスペースシャトルがケネディ宇宙センターから発射。

このミッションD1に参加した科学者でもあるドイツ人宇宙飛行士ラインハルト・フラーが、ジンのレマニア搭載モデル140.Sを個人装備品として携行。

それまでの宇宙では自動巻きが作動しないという説が有力でしたが、ジンの時計によって世界で初めて無重力空間で自動巻きの腕時計の作動が証明されました。

過酷な環境の中でプロも信頼する実用性の高さを実証

ジンは、美しいだけでなく、極めて実用的な時計を開発しています。

視認性、機能性を最重要視したパイロットクロノグラフ
ダイバーズウォッチ
財政や金融に携わる人のためのファイナンシャルウォッチ など
これらの時計は、過酷な環境の中でその実用性の高さを実証し、人生を最大限に生きる人々のニーズを満たしています。

過酷な条件の下でも、時計に100%の信頼性を求める人。
完璧な機能性、耐久性、認証された品質を必要とする人。
ジンの時計はダイバーやパイロット、GSG9(ドイツ連邦警察局特殊部隊)などのプロフェッショナルたちも強い信頼を寄せています。

自分に最適な一本を選んだプロたちが、ジンを愛して止まない理由があります。

エンジニアのローター・シュミットが、1994年に創業者からジン社を引き継いだとき、ジンのテクノロジーの新時代が幕を開けました。

絶えざる新しい技術の開発によって、驚くほど高性能な製品を数多く開発しながらも、「視認性、機能性を最重要視したプロユースで堅牢な作り」は創業からそのまま。

他ブランドには見られない独自の『ジン・テクノロジー』の数々を搭載しています。

水深5000メートルの高い防水性能
時計を湿気から守る除湿機構
低温から高温までの精度保証
80,000A/mという驚異の防磁性能
絶対に外れない回転ベセル
表面硬化・キズ防止のテギメント など

  • ジン2021カタログ

商品ラインナップ

インストゥルメント クロノグラフ(Instrument Chronographs)

  • ジンのクロノグラフは、ジン初期の時代から続く伝統的なスタイルと、ひとめでわかる共通の顔を持っています。

    それは創業者がパイロットとしての経験に基づき作り出したコックピットクロノグラフから始まり、現在まで受け継がれています。

    プロフェショナルや多くの時計愛好家の間でジンの信頼性を確立した、コックピットクロックに由来する完璧な視認性と最高の精度を誇るコレクションです。